FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
会員様の声Vol.5
「日本一を目指して」
Vol.5(平成25年7月25日(木))
松山市 28歳 一般会員様01松山市 28歳 一般会員様02


剣道大好きな20代の武道家です。

私が初動負荷トレーニングを始めたきっかけは、稽古だけでは物足らず何かトレーニングをして自分を高めていこうと思っていた時に、従来の筋力トレーニングは長続きせず、すぐ妥協してしまう私に、知人から「筋肉痛にならないトレーニングがあるよ」と聞いたのが始まりでした。

半信半疑でトレーニングを始めると、筋肉痛どころか次の日には身体の疲れが取れているように感じました。私は膝を痛めているのですが、トレーニングすることにより以前と比べて痛みが軽減し、今では稽古に集中して取り組むことができています。まさに「奇跡のトレーニング」です。

剣道では「小さい技ばかり練習していては大きい技は打てない。」と言われています。もともと身体の硬い私は小さく早い技は打てても、大きいダイナミックな技は打てませんでした。

例えば、小手を狙いに来た相手に対し、瞬時に上肢を挙げて技を抜くと同時に面を打つ「小手抜き面」等ですが、これも小手先では決まりません。他にも、相手の竹刀や身体を捌いて切り返す技なども同様です。初動負荷トレーニングを行うことにより、肩甲骨周辺が本当の意味で鍛えられ、可動域が拡がり、自分の大きな技の質が高くなったと感じます。

これからも、初動負荷トレーニングを続け、私の眠っている可能性を最大限に引き出し、日本一の剣士を目指していきたいと思います。

一般会員様 松山市 男性  28歳 剣道家 初動負荷トレーニング歴 6ヶ月


「いつまでもSEACREW」
Vol.5(平成25年7月25日(木))
大石様01大石様02


「大石さん、すごく良いトレーニングがあるよ。来なさい!」

私の店(お好み焼屋・佳桜(かざくら))で、先に「ワールドウィング松山」に入会されていた方から言われたこの一言がきっかけになりました。10代の頃、単車の事故で痛めた右足についてスタッフの藤田(善久)コーチに話した所、「初動負荷トレーニング」が身体を痛めつける類いの運動でないこと等を丁寧に説明して下さいました。「ここならやれる」と思い会員になりました。

1年後、「ウエイクボード」に挑戦することを決意できるまで身体が良い状態になりました。「ウエイクボード」は水上版スノーボードといったところです。モーターボートにバラスト(=ウエイト)を積んで作った「引き波」を利用して、ジャンプや回転を行い、スタイル(カッコよさ)を競うスポーツです。水面を約35Km/h前後のスピードで滑りますが、体感速度は50Km/hくらいに感じます。当然、水の上とはいえ、このスピードで転倒すればかなりの衝撃が全身を襲います。

40歳から始めたのですが、競技上重要なバランスと柔軟性は周囲の方よりも有利だったように感じます。日頃の「ワールドウィング松山」での成果だと思います。これは水上に限らず、地面や雪面、氷上の競技も同じではないでしょうか。
一番はとにかく身体が疲れないんですね。それで深みにはまってしまい、今では週1~2回広島県の尾道まで通って楽しみながら滑っています(笑)。年内中に「バックロール(⇐技の名称)」も成功させてみせますよ!

これからも自分で壁を作らずトレーニングを重ね、継続していつまでもSEACREW (海に魅せられた男) でいたいと思ってます。

大石佳冶様 松山市 男性 40代 ウェイクボード 初動負荷トレーニング歴2年

※ウエイクボードを始めて1年でエントリーされた昨年の広島太田川大会は4位、惜しくも入賞には届かなかったとのこと。次回のご活躍を祈念しております。




スポンサーサイト
[2013/07/25 14:12] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<会員様の声Vol.6(拡大版) | ホーム | 会員様の声Vol.4>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://worldwingmatsuyama.blog.fc2.com/tb.php/5-39c4a7fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。